お問い合わせはこちら

ブログ

よく耳にする節水型トイレとは?

2020/10/13

節水型トイレで節約?!

自宅のトイレを一回使用すると

一度に何リットルの水が流れているか知っていますか?

約15年前の従来型のトイレでは、

一回に13Lもの水を使用しています。

わたしは13Lと言われてもすぐにピンときませんでしたが、

こう考えるとどうですか?

2Lのペットボトルに例えると6.5本分、

500mlのペットボトルだと26本分もの水が

一度に流れていることになりますsurprise

わたしはこのことを知ってから、トイレに行く時や水を流す時に、

今からだいたいペットボトル〇〇本分の水が流れるんだろうな~と、

節水に対してかなり意識するようになりました。

いくら意識しても、トイレは我慢したり、行く回数を調整できるものでもないですし、

お風呂なら、節水対策として節水型のシャワーヘッドを取り付けたり、

湯船のお湯を使ったり、湯船にペットボトルを入れてかさ増ししたり、

といった方法がありますが、

トイレは構造上一回に必要な水の量が決まっているので、

なかなか自力で節水するのは難しいですよねcrying

家庭内で水を多く使用していると認識している場所は、

一位〈お風呂〉 二位〈キッチン〉 三位〈トイレ〉 四位〈洗面所〉 五位〈その他〉

となっていて、当然意図的に節水を行っているのは〈お風呂〉が一位でした。

ですが、実際に調べてみると、

あまり意識されていないトイレこそ一番水を使っているんです!!!

最新のトイレでは、一回の洗浄での水量が3~5L程度しか使用しないので

従来型の13Lに比べると大幅な節水・節約になるほか

便座の保温やタイマー機能が充実しているので、節電にもなります!

 

便器は陶器で出来ているので壊れることは少なく、

トイレを変えるタイミングはあまりないかもしれませんが

節水・節電など家計の負担を減らすことが出来るのであれば、

交換を検討する人もいるのではないでしょうか?

 

地球にも環境にも優しいトイレのお話を詳しく聞きたい方は、

ぜひ角田設備までご連絡くださいangel☆★☆

 

 

 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。